<< 砂丘と海と鮮やかな服たち | main | ヨーガンレールの夏 >>

「美しいもの展」ー赤木明登さんと11組の手仕事ー

暮らしの中の道具を見つめて。 美しいものって何だろう。輪島の塗師、
赤木明登さんが、お仲間のクリエーターの暮らしをたずねて、
人とものとの幸福な関係を探った「美しいもの」(新潮社刊)。
そこに登場される方々をはじめ、11組15名の作家さんたちと
赤木さんが作りだした美しいものが一堂に会します。みんな、
もの作りへの真摯な想いがこもった、使うほどに美しい、愛しい道具たちです。

自然
ヨーガン・レール(デザイナー)
旅で見つけたさまざまなものから、選びぬいた素材。その風合いを
生かすのびやかなデザイン。頑固なまでの心地よさへのこだわり。
すべてに、ヨーガン・レールさんの自然を見つめるピュアなまなざしが。



5月16日(水)〜21日(月)(最終日は6時終了)
大阪・うめだ阪急

http://www.hankyu-dept.co.jp/honten/n_u_k/index.html#beauty

babaghuri '07 | perm link
TRACKBACK URL
http://blog.jurgenlehletc.jp/trackback/5841
TRACKBACK
Links
Jurgen Lehl's favourite sites
Archive (show list...)